読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたりさわりのない日々の記録

波風を立てぬよう、あたりさわりのないことを書いていきます

ここ2ヶ月ほどで

すっかりと安倍政権の持つ危険性が、誰の目にもわかるレベルで露わになった。 しかし経済運営の能力を考えると、自民党以外の政党が与党に選ばれる可能性は乏しい。 このことから、自民党内での政権交代を望む声が、だんだんと高まっていく流れになるだろう。

なんだかんだで

アメリカは日本よりはよほど強靭な政治システムを備えている。 トランプが暴走しようとしても、それを食い止められるよう、権力の分散化がきちんと機能している。 日本ではそれがまるで機能しないことがわかったので、このままではどこまでも堕ちていくこと…

安倍政権は

とんでもない毒物であることが日々明らかになっていく。 一番の問題は、政府と議員、官僚たちがモラルハザードを起こしていることで、このまま放置しておけば、目を疑うようなひどい事件が頻発することになるだろう。

結局のところ

日本の政治は自民党内で派閥が形成され、権力が回っていく構造が一番安定するのではないかという気がする。

森友学園の問題で露呈したのは

権力者への礼賛がはびこると権力は必ず腐敗するという、古来から繰り返されている事象だ。 国民が権力者への批評精神を失えば、同じことが何度も繰り返されることになる。

現政権の支持は

民主党の失政に対する反動と、震災後の安定を求める民心に支えられていた。 それが自分たちが優れているのだ、強者なのだ、という勘違いを生み、いまの国会で明らかになっているような惨状を呈する原因になったのだと思われる。 そろそろ目を覚ますべき時が…

経済成長が停滞している原因は

色々とあるのだろうけど、最も重要なポイントは、発展が見込める産業への投資と人材の育成が滞っている、ということに尽きるのだろう。 日銀緩和やオリンピックでごまかしている今の政権に経済改革は望めないが、有権者の多くは停滞に満足してしまっているよ…

自民党の支持率が高いのは

自民党と政権の支持率が高いのは、彼らがすごいわけでもなんでもなく、それだけ日本の政治状況が薄っぺらくなっていることの証明にすぎない、というようなことを思った。 対抗馬がいない中で独走していたところで、その独走するものが、時間がたつにつれて劣…

政治の世界で大きな問題が

大阪で国の土地を異常に安く払い下げた問題が、かなりの範囲に波及しそうな気配。 アメリカに行って安倍首相が「マスコミに勝った」とかトランプと楽しそうに話していたらしいけど、今思えばあれはフラグだったんだね。 ちなみに読売はほとんどこの問題を取…