読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたりさわりのない日々の記録

波風を立てぬよう、あたりさわりのないことを書いていきます

社会

保守がどうとか言っていても

大半の人間はその時の風潮に流されているだけで、風向きが変われば言うこともまるで変わってしまう。 そんなものにいちいち取り合っていても、得られるものは何もない。

子どもはどんどん減っているが

今の日本で子どもを産んで育てようと思うのは、よほどに楽観的な人か、たくましい人でないと難しいのではないだろうか。 減っていくのは当然だし、この先も減り続けるだろう。

衰退と愚かさ

衰退と愚かさは相互依存的な関係にあるようだ。 衰退すれば愚かな人間が増え、それがよりいっそうの衰退を招く。 一度こういうサイクルが発生すると、容易に転換することはできない。

隙あらば

落ち度のある他人を叩こうと身構えているひとが散見されて、うんざりすることが多い。 日本だけの現象かと思ったら、世界中で同じような傾向になっているようだ。 インターネットがもたらす社会への害とその対策について、そろそろ本格的に研究する必要が生…

格差問題について発言していた人が

震災後に格差問題への関心が急速に薄れてしまった、と言っていた。 震災で生活が大変になった人が増えたので、格差について言い立てることをやめておこう、その人たちに比べれば大丈夫だから、という抑圧が働いていたらしい。 しかし社会的に問題になるレベ…

特に反原発運動とかやらなくても

東芝が原発産業に手を出すとどうなるかを身をもって証明してくれているので、今後乗り出そうと考える企業は皆無になるだろう。 原発は事故が起き、企業が潰れかけ、使用済み核燃料の処理に困り、と何一つ益をもたらさなくなっており、産業としても、エネルギ…