読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたりさわりのない日々の記録

波風を立てぬよう、あたりさわりのないことを書いていきます

納豆を夜食べている

日記

最近、納豆を食べるのが個人的なブームになっていて、毎日飽きもせずに食べている。

(でもそのうち飽きるだろうな、とも思う)

納豆を食べるとお腹にいいよ、という話を聞いたので実践してみているのだ。

どうして夜食べているかというと、納豆には血行をよくする成分が入っているからだ。
(具体的には血栓を溶かす成分が入っているそうだ)

寝ている時は体をほとんど動かさないので血行が悪くなりやすい。

なので納豆を夜食べておくと、血行が悪くなることから受けるダメージを軽減できる、という理屈を聞いて、なるほどと思い、せっせと夕食の時に食べている。

(しかし納豆には、血を固める効果を持つビタミンKも入っているらしい。プラマイゼロになったりしないのだろうかと、栄養学の素人としては気になるところではある)

血行が良くなっているのかはなかなか実感しにくいけれど、とりあえずお腹の調子がよくなっているのは実感できた。
(主にトイレに行った時に実感できる)

きっと腸内環境が改善されているのだろう。

納豆の食べ方だけど、料理をやらないズボラ人間なので、まぜてタレをつけるだけで食べるか、豆腐と混ぜるかして食べている。

豆腐と混ぜると、豆腐の水分によって納豆のネバネバ感が中和され、タレによってほどよい薄味になり、手間がかからない割にはけっこういい感じで食べられる。

しかし大豆と大豆の合わせわざになるので、栄養素的にはバランスが悪いかもしれない。

ネギが納豆にはない栄養素を含んでいるらしいので、きっとそっちの方がバランスがいいのだろうけど、まだ試していない。

そのうちやってみようと思っている。
(思っているだけで、たぶんやらないような気がする)