読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたりさわりのない日々の記録

波風を立てぬよう、あたりさわりのないことを書いていきます

村上春樹は

読書

合う人と合わない人がはっきりしている作家だと思うけど、合わない人も「有名だから」「売れているから」「世界的に人気があるらしいから」という理由で読むので、結果として文句を言う人が多くなる。

自分に合うか合わないかで判断して、読書すればいいのにね。

私はいつもそうしているので、ベストセラーだから、という理由で本を読むことはない。

読書はどこまでも個人的な体験だから、「売れているから」という理由で読んでみても、楽しめることはまずない。