読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたりさわりのない日々の記録

波風を立てぬよう、あたりさわりのないことを書いていきます

Nintendo Switchの気になるところ

Nintendo Switchを入手して2日目になって、ちょっと冷静になってくると、気になるところが出てくる。

端的にまとめると

・重量

・バッテリーのもち

・メモリーの容量

の3点だ。

 

両側にjoy-conをつけてプレイしていると、ちょっと重いかな、と感じる時がある。

膝の上などに載せてプレイする分にはそれほど気にならないけど、腕の力だけで長時間持ってプレイするのはしんどいかもしれない。

特に女性や子どもにはきついだろう。

 

バッテリーの持ちはそれほどよくない。

公式は2.5時間〜6時間と言っているけど、旅行などで持ち出すことを考えると、6〜10時間くらいはほしい。

今のところ家でプレイしているからいいのだけど、外で重いゲームをプレイするには、モバイルバッテリーが必須になりそうだ。

 

モリーの容量は本体が32GBで、microSDで追加するスタイルだが、microSDは容量に対するコスパはあまりよくないし、ダウンロードゲームをたくさん入れるのは厳しそう。

 

とは言え、3万円のデバイスであることを考えれば、それほど文句を言うところでもないのかな、という気もする。

 

このあたりの問題点は任天堂も認識しているだろうし、Switchの路線に見込みがあると踏めば、Switch2、Switch3といったように、iPhoneのような上位バリエーションが出てくるかもしれない。

抱えている問題が昔のスマホと同じなので、順調に行けばそういう展開が出てくるだろう。

 

「家庭用ゲーム機」という存在自体が既に古めかしいので、「いつでもどこでもハイクオリティのゲームが遊べます」という路線に切り替えたことは正解だと思う。

(いまどき家でしかできない、というのはマイナス要因でしかない)

この路線を継続して、完成度を高めていってほしいと思った。